Gradient

デジタルサイネージの使い方

デジタルサイネージをご利用頂くにあたり、

静止画・動画の設定方法や初期設定、操作方法など、

皆様からご質問のあった内容をまとめました

ご使用前にお読み下さい

下記の画像のようにテレビの画面をそのまま縦に倒したもの、

というイメージを持ってご利用ください。

スクリーンショット 2021-10-12 192937.jpg

その為お手持ちの静止画・動画を縦に再生するには、

縦で流す上部(上記画像の②部分)を

反時計回り(上記画像の①)になるように倒し、

保存して挿入媒体にデータを転送する必要があります

スクリーンショット 2021-10-12 193001.jpg

静止画・動画を反時計回りに加工する方法

(反映のための回転後は縦1080✕横1920で保存された状態となります)

デジタルサイネージに反映する動画、画像はすべて


縦1920✕横1080サイズ

で作成してください。

Windowsをお使いのお客様は【フォト】を使用して加工が行なえます。

動画の回転加工

<操作方法>
①フォトを全画面表示で開き、右上の「新しいビデオ」をクリック
②「新しいビデオプロジェクト」を選択
③回転させたい動画を選択、プロジェクトライブラリに追加
④プロジェクトライブラリに追加された動画を選択し、ストーリーボードにドラッグ&ドロップする
⑤「回転」を選択し動画を回転させる
⑥回転されたら「ビデオの完了」をクリックして保存

静止画の回転加工

<操作方法>
①画像をフォトで開く
②右上の「編集と作成」からトリミングと回転機能の回転を使って左に倒した状態に回転
③コピーを保存で作成
作成されたコピー画像をUSBまたはSDカードに追加する

データのフォルダへの置き方

USBまたはSDカードのファイルの置き方は下記のように

フォルダーを作らずファイルをそのまま置くようにして下さい。

​再生の順番はファイル名で調整が可能です。

1.jpg

こちらのデジタルサイネージは下記の形式のみ対応しております。

対応画像:BMP・JPEG・PNG(サイズ:1920×1080pixel推奨)

対応映像:MPG・MPG-1・MPG-2・MPG-4・AVI・MP4・DIV・TS・

     TRP・M2TS・MKV・RM・RMVB
対応オーディオ:MP3
外部入力:USB・SD・HDMI

キャスターの取り付け

電動式ドライバーを使用したお取り付けを推奨しております。

キャスター2.jpg

電源を入れて再生してみましょう

スクリーンショット 2021-10-12 193124.jpg

電源を入れる時

①本体の裏蓋を開き、付属の電源ケーブルをしっかり差し込みます。

②再生したいメディアを差し込みます(USB・SDカード・HDMI)。

③主電源のスイッチを入れ、リモコンで電源をONにした後に再生したいファイルを選択することでメディアの再生ができます。

電源を消す時

①リモコンで電源をOFFにし赤いランプになっていることを確認します。

②本体の裏の主電源のスイッチを消します。

③メディアは必ず②のあとにデバイス抜いて下さい。

スクリーンショット 2021-10-12 193101.jpg

◆USBなどの中の再生ファイルを変更するには◆
 ①EXITボタンまたは■ボタンを押す
 ②ファイル一覧が開くのでそちらを選択してENTERボタンを押す

◆USBなどのデバイスを変更するには◆
 ①INPUTボタンを押す
 ②HTMI3またはDMP(SDカード、USBを含む)で選択

◆設定画面を表示させるには◆
 →SETUPボタンを押す

◆設定画面で別の設定カテゴリーに移動するには
 ①EXITボタンを押す
 ②◀▶ボタンで操作

時計の設定を行いましょう

電源をつけたら時刻設定を行いましょう、下記の方法でお試しください。

①リモコンのSETUPボタンを押す

◀▶ボタンで操作して時刻設定を選ぶ

③時刻設定より時間を入力します

​④希望表示位置に時間が表示されていれば設定完了です

スクリーンショット 2021-10-14 171846.jpg

一部静止画・動画が再生されない場合

ご案内の方法を使って画像を左に倒して保存しても、

サイネージで反映されない画像があることがあります。

こちらは画像のexif情報が影響しているものと思われますので、

下記の方法で再生をお試しください。

【Windowsのフォトの編集画面からコピー画像を作成する方法】
1. 画像をフォトで開く
2. 右上の「編集と作成」からトリミングと回転機能の回転を使って左に倒した状態に回転させる
3. コピーを保存で作成
4. 作成されたコピー画像をUSBまたはSDカードに保存する

▼その他、故障かな?と思ったらまずこちらをご確認下さい▼